業界ニュース

より環境にやさしいサトウキビ食器を世界中に紹介する必要がある

2020-07-15

eleの毎日の注文量と推定されています。私、Meituan、Baiduのワイマイプラットフォームは約2,000万です。少なくとも2つのミールボックスと1つのビニール袋を含む注文によると、各ボックスは平均6cmの高さで、地球から国際宇宙ステーションまで1日3回半まで積み重ねることができます。ビニール袋1枚あたり0.06平方メートルとして計算すると、1日のビニール袋の消費量は168のサッカー場をカバーできます。


一見重要ではない小さなお弁当箱に環境保護の記事があることがわかります。したがって、使い捨て食器の頻度と量を減らし、環境にやさしい使い捨て食器分解が容易で汚染が少ないことは、環境に大きな影響を与えます。でも生分解性食器でんぷんなどのベースの食器は長い間利用可能であり、その実用的な用途は理想的ではありません。市場が見当たらないだけでなく、今日では、それがケータリングであろうと消費者であろうと、それについてほとんど知らず、疑いさえあります。その理由を調査し、今まで市場に出回っていた環境保護食器であっても、一般的な1回限りの製品価格に比べて高いだけでなく、品質の良し悪しは交換可能であり、市場競争力に欠け、利点を生かしてビジネスマンに有利に勝つそして消費者。


そこで、環境食器の開発をスピードアップして、サトウキビ食器そしてCPLAカトラリー), curb the plastic box pollution waste phenomenon. On the one hand, we should strengthen the publicityそしてguidance, so that merchantsそしてdiners understandそしてgive priority to the selection of 環境にやさしいお弁当; Should be led by the relevant departments on the other hand, exploring from product development to sales of useそしてrecycling a set of incentive security policiesそしてmeasures to fall to the ground, the degradation of cost price, practical performance, etc, should be resolved short board, carry out environmental protection tableware promotes the use of "obstacle", enhance the market competitiveness of green boxesそしてmaximum recognition, push the reduced use of disposable tablewareそしてenvironmental protection the gradually popularization of tableware.

環境にやさしいお弁当