業界ニュース

タイは2020年にビニール袋の禁止を開始

2020-07-15

1月1日から、スーパーやデパートを含む約25,000の販売店が、使い捨てのビニール袋の消費者への提供をやめました。バンコクの多くのスーパーマーケットでは、買い物客が購入した商品をバッグに入れています。他の人は布バッグなどの再利用可能なバッグを購入し、不織布バッグそして紙袋.


商人が現在使い捨てのビニール袋を使用して保持できる商品には4つのタイプがあります。

電子レンジで加熱した後の食品;

Wet food with juice, canned foodそしてsticky food;

肉、シーフード;

Fruitそしてvegetable;


Thailand consumes about 45 billion plastic bags each year. Of which 40%, about 18 billion plastic bags come from traditional markets or street vendorsそして30%, about 13.5 billion come from retailers. And 30% from supermarketsそしてdepartment stores . Take the city of Bangkok as an example. The Bangkok municipal government clearsそしてtransports up to 80 million plastic bags every day. The population of the citizens is about 10 million. The average person uses up to 8 plastic bags per day. Therefore, marine pollution caused by plastic waste has become a serious problem in Thailand.


現時点でのプラスチック規制禁止の目的は、使い捨てのビニール袋の使用を年間30%削減すること、つまり135億枚のビニール袋にすることです。同時に、政府はまた、2021年までに「プラスチックなしのすべてのタイ」の目標を完了することを望んでいます。