業界ニュース

ネスレベトナム、紙製のストローに切り替え

2020-08-25

ネスレ(ベトナム)のMilo Milk Companyの取締役であるAli Abbasは、2020年4月にネスレMILOが1,600万個以上を投入すると発表しました。紙ストロー2020年には、プラスチック廃棄物6.7トンの削減に相当します。紙のわらより環境にやさしいです。

 

アリアッバス氏は、これらのストローを端から端まで接続すると、2,200キロにもなるという鮮やかな例えを作りました。これは、ホーチミン市からハノイまでの距離の1.5倍に相当します。

 

ネスレミロが初めて使用したのは使い捨てペーパーストローベトナムでは、使い捨てのプラスチック製ストローを交換します。グループの紙ストロー安全な使用を保証するためにヨーロッパ規格に従って製造されており、製品の本来の風味を変えず、簡単に生分解されます。Biodegradable 紙ストロー環境にとって重要です。

 

ネスレミロ(ベトナム)の代表は、同社のイニシアチブは、環境保護の理念を実行し、プラスチック廃棄物のない未来のために環境に優しくクリーンなベトナムを建設し、ベトナム政府が目標を達成するのを助けることを目的としていると述べました海洋プラスチック廃棄物の75%削減という目標に貢献します。

 

ネスレ(ベトナム)がプラスチック製のストローに「いいえ」と言う動きも、2025年までにすべての製品パッケージでリサイクル可能な材料の使用を達成するためにグループが取った重要なステップです。